コザ高校で運動部主将を務めた男子生徒が自ら命を絶ち、県教育委員会が第三者調査チームの調査報告書を発表してから一夜明けた20日、「部活動顧問との関係を中心としたストレスの可能性が高い」などとした結論に県内の高校の運動部指導者たちはショックを隠せず「あってはならないこと」と口をそろえた。