沖縄本島北部や西表島の世界自然遺産登録に向け、地元の小中学生12人が描いたヤンバルクイナやイリオモテヤマネコなどをデザインした日本トランスオーシャン航空(JTA)の機体737-800型機が20日、那覇空港でお披露目された。「世界自然遺産」特別デザイン機の初就航は21日午前の那覇発宮古行き。

世界自然遺産登録に向け、子どもたちが描いたやんばると西表島の自然の絵をラッピングしたJTA機=20日、那覇空港

 琉球エアーコミューター(RAC)もラッピング機1機を20日から就航させた。就航期間はそれぞれ約1年間の予定。

 世界自然遺産の推薦地域(国頭村、大宜味村、東村、竹富町)を対象にした小中学生の図画コンクールの入賞作品が描かれている。お披露目式で県知事賞2人、環境部長賞10人の計12人が表彰を受けた。

 環境部長賞の竹富町立上原小6年、義元あやねさん(12)は「自分の島のネコをみんなに知ってほしいと思った。飛行機に描かれて自分の絵が別の県やいろんなところに行くことがいいと思いました」とほほ笑んだ。