これは、40年余り前に3人の子どもと一緒に空手道場に通っていた頃の話。練習が終わった真夏の夜、大雨の予報を耳にしていたので早く帰宅しようと思った。家の駐車場の入り口にさしかかるやいなや、雨が降り出したので子どもたちを車から降ろした。  彼らは土砂降りになる前に玄関先に駆け寄った。