沖縄県中城村久場の海岸でハマボッスの白い花が潮風に揺られている。サクラソウ科で、茎の先に小さな花がまとまって咲く様子を、仏具の払子(ほっす)に見立てたのが和名の由来といわれる。