【東京】防衛省はPFOS(ピーホス)を巡る一連の課題について、沖縄県や関係省庁とも連携して「米側と集中的に検討」している。嘉手納基地内外を流れる大工廻川などでピーホスが高濃度で検出されている問題に関しても、県から立ち入り調査の要請を受け、米側と調整を続けている。