八戸西―具志川商 2回裏具商1死二、三塁、先制適時打を放つ上原守凜=阪神甲子園球場(下地広也撮影)

 第93回選抜高校野球大会第3日は22日、甲子園球場で行われ、第1試合に21世紀枠で初出場した具志川商業は八戸西(青森)に8―3で初戦突破した。

7回2失点と好投し、勝利投手となった具商の新川俊介=阪神甲子園球場(下地広也撮影)

 具商は二回裏1死、6番比嘉力太が左前にチーム初安打を放つと、続く知名椋平、上原守凜、伊波勢加の4連続安打で一挙4点を挙げて先制に成功。さらに四回裏1死一、三塁、1番大城勢武太がセーフティースクイズを決め、5―0とリードを広げた。大城は六回1死満塁、犠牲フライを放ち、さらに1点を加えた。

 八回表に2失点したが、その裏には5番狩俣伊吹の安打や比嘉力太の二塁打、さらに相手のミスを誘って2点を加えた。

 投げては先発新川俊介が140キロ前後の直球に変化球を交え、7回を2失点。継投した粟國陸斗も2回を1失点に抑えた。