ことし1月~9月末に沖縄県警に寄せられたサイバー犯罪に関する相談件数が938件に上り、2000年の統計開始以来最多だった04年の1050件を上回るペースで推移していることが23日、県警のまとめで分かった。ことし10月末までに摘発したサイバー犯罪件数(暫定値)も前年を上回る見込み。