沖縄タイムス+プラス プレミアム

宮古島市長選、保守一本化の協議決裂 再開めどなく分裂選挙へ

2016年11月24日 08:22

 【宮古島】来年1月22日投開票の宮古島市長選で、現職の下地敏彦氏(70)を支持する与党会派議員団(平良隆会長)と、真栄城徳彦氏(67)を含む「反現職」候補の擁立を訴える中立会派「新保守クラブ」(西里芳明代表)との候補者一本化協議が23日、市内のホテルで開かれ、協議を打ち切ることを決めた。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気