2019年3月、読谷村の残波岬から知人女性=当時(32)=を海に突き落として溺死させ、キャッシュカードを奪ってATMから不正に現金を引き出したとして、強盗殺人と窃盗の罪に問われた宜野湾市の無職男性被告(38)の裁判員裁判の論告求刑公判が22日、那覇地裁(大橋弘治裁判長)であった。

那覇地裁

 検察側は「まとまった現金を手に入れたい動機があり計画的な犯行。情状酌量の余地は皆無」として無期懲役を求刑した。弁護側は「金銭目的で殺した確かな証拠はなく強盗殺人罪は成立しない」と反論。被害者から自殺の手伝いを求められ、お礼としてキャッシュカードを渡されたとして嘱託殺人罪が成立するとし、懲役4年が相当とした。