米軍普天間飛行場から派生する爆音で健康被害などを受けたとして、航空機騒音の差し止めや損害賠償を国に求める「第3次普天間爆音訴訟」の原告・弁護団は22日、宜野湾市内で記者会見を行い、原告数が過去最多の5347人になったと発表した。25日に1166人が追加提訴する。