沖縄タイムス+プラス ニュース

認知症に三つの予防 抱え込まずに悩み伝えて 社会的孤立の回避を

2021年3月25日 14:00

[命ぐすい耳ぐすい 県医師会編](1251)

 認知症の「予防」とは、認知症にならないようにする(一次予防)ことだけでなく、認知症を早期に発見し早期に治療する(二次予防)、そして認知症になっても進行を遅らせる(三次予防)ことです。

 認知症の一次予防についてはいまだ科学的根拠が十分とはいえないため、その効果を疑問視する声があります。しかし、高血圧や糖尿病などの血管危険因子を治療することで血管性認知症は半減し、健康志向の高まりとともにアルツハイマー型認知症の発症率も減少しているとの指摘があります。

 英国の科学雑誌「ランセット」に掲載された最新のデータをみますと、認知症発症リスクのうち修正可能なものが従来の35%から40%に上方修正されました。

 認知症の発症予防のためには中年期からの生活改善が必要で、とくに難聴、頭部外傷、高血圧、肥満、多量飲酒への対策が重要とされています。高齢期の生活改善については、喫煙、社会的孤立、抑うつ、運動不足、大気汚染、糖尿病への対策が重要とされ、とくに社会的孤立の比重が従来の2倍と大きく評価されました。

 沖縄には「しー(借金)と、やんめー(病)は隠すな」という格言があるそうです。認知症ではないかと一人悩んで隠すことなく、また家族だけで抱え込んで隠すことなく、地域にオープンにして、社会的孤立を避けることが大切です。独居高齢者が増えていますが、地域とのコミュニケーションをとり続けることが認知症の予防になります。

 2025年には認知症の人は700万人に達するといわれ、19年に「認知症施策推進大綱」が閣議決定されました。「共生」と「予防」を2本柱として25年までに達成すべき施策を推進するというものです。「共生」とは、認知症の人が住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることをめざす社会づくりです。

 認知症は誰もがなりうる病気なので、地域では認知症の人や家族の視点に立って多くのセーフティーネットを準備し、「共生」社会をつくることがそのまま認知症予防につながることになります。(松浦雅人 嬉野が丘サマリヤ人病院=南風原町)

認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134
連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。