パーントゥとは、宮古島の言葉で「怪物」の意味。旧暦9月初旬、つる草を体に巻き、仮面を着けた3体の神様に扮した人たちが集落を練り歩く。一連の行事は秘事が多く、他の住民は、パーントゥが人や建物に厄よけの泥を塗るところだけ見学できる。1993年に国の重要無形民俗文化財に指定された。