北部基幹病院の第3回整備協議会が25日、名護市内で開かれ、同病院の建設地を名護市大北の県立農業大学校跡地(県有地)とするとした基本構想を策定した。新病院の名称は「沖縄」を加えた「公立沖縄北部医療センター」となった。県立北部病院と北部地区医師会病院を統合し、2026年度の開業を目指す。

 農大跡地のほか、名桜大学周辺用地と名護商業高校跡地の3候補地の中から、交通アクセスや将来の増改築などを考慮した相対評価、パブリックコメントの結果などを踏まえて決定。...