国の沖縄振興計画総点検の中身は、河野太郎沖縄担当相の指示による「データとエビデンスに基づいた検証」が色濃く反映された結果となった。26日の記者会見で河野氏は県側の事業目標設定の甘さに苦言を呈する場面もあり、再来年度の沖縄関係予算の編成や次期振計の策定を巡る県側への揺さぶりともなりそうだ。