任期満了に伴う来年1月予定の名護市長選挙で、市議で政治団体「新しい風・にぬふぁぶし」に所属する岸本洋平氏が出馬の意向を固めた。現職の渡具知武豊氏は2期目への態度は示していないが立候補は既定路線。岸本氏は辺野古新基地建設に反対の立場で、次期市長選も新基地建設の賛否が明確な対立軸となりそうだ。「オール沖縄」勢力は保守・中道路線の岸本氏を擁立することで、保革のウイングを広げ、市政奪還を目指す構えだ。(北部報道部・當銘悠、政経部・大野亨恭)

▼関連:名護市長選、岸本氏が出馬の意向 辺野古新基地「反対の民意は明確」

 「革新では勝てない。保守層を取り込むことが何よりも重要だ」。県政与党幹部は、岸本氏擁立の背景をこう強調した。...