沖縄県の豊見城市議会(定数22)は26日の3月定例会最終本会議で、与党が提出した、沖縄戦の戦没者の遺骨を含む可能性のある土砂を埋め立てに使用しないよう求める意見書を賛成少数で否決した。  野党の保和会8人、ZERO1人の計9人が反対した。