2019年3月、読谷村の残波岬から知人女性=当時(32)=を海に突き落として溺死させ、キャッシュカードを奪ってATMから不正に現金を引き出したとして、強盗殺人と窃盗の罪に問われた宜野湾市の無職の被告(38)の裁判員裁判の判決公判が26日、那覇地裁であった。大橋弘治裁判長は両罪の成立を認め「良心の呵責(かしゃく)がみじんも感じられない」と非難。求刑通り無期懲役を言い渡した。被告側は判決を不服として控訴する方針。

(資料写真)那覇地方裁判所

 大橋裁判長は、被告が殺害直後に変装してATMで残高照会した経緯などから「ある程度前から預金を引き出す意図があった」と判示。被告がほとんど働かず借金を抱えていた経済状況なども踏まえ「遊興費など金銭欲しさに被害者の金品を奪う目的で殺害したと推認できる」とした。

 被害者から自殺の手伝いを求められ、お礼としてキャッシュカードを渡されたとして嘱託殺人罪が成立するとした被告側の主張は退けた。