[未来支える]

沖縄こども未来プロジェクトに寄付をした大王製紙の佐光正義社長(左から2人目)、若林頼房常務(右)、藤井喜継本部長(左)=26日、那覇市の沖縄タイムス社

 大王製紙(佐光正義社長)は26日、沖縄県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)へ、同社のエリエール商品の県内売り上げの一部を寄付した。取り組みは昨年に続き2回目。同日、那覇市の沖縄タイムス社で贈呈式があり、佐光社長は「子どもは未来の宝。今後も賛同し続けていきたい」と目録を託した。

 同社の若林頼房常務は「成長し、社会人になったら還元するんだという強い思いで勉学に励んでほしい」と子どもたちへエールを送った。

 沖縄タイムス社の武富社長は「しっかり役立てていきたい」と感謝した。