[琉球から沖縄へ 続よみがえる古里]沖縄タイムス・朝日新聞共同企画

 西洋風の建築物や路面電車が走る那覇の近代的な街並み、琉球王国時代からの伝統の芸能や暮らし。朝日新聞大阪本社で見つかった戦前の沖縄の写真には、琉球が日本の1県として変わっていく姿と、祖先から受け継いだ生活文化を営む人々のたくましい姿が入り交じる。那覇、島尻、やんばる、宮古、八重山。沖縄戦後、風景は一変したが、人々の暮らしぶりは今の私たちの文化につながっていることを知らせてくれる。計165枚から一部を紹介する。(社会部・城間有)(写真は全て朝日新聞社提供)

大正から昭和初め 那覇の市場

 大正末から昭和の初めに撮影された那覇の市場。写真裏のメモには「左方の建物は肉市場(市設)」と書かれている。当時東町の旭橋付近に公設市場があり、魚や野菜、米、雑貨、焼物などが売られていた。肉市場は「シシマチ」と呼ばれていた。路面電車は、1914年から33年まで那覇市の通堂-首里間を走った「沖縄電気軌道」。人力車や自転車もガジュマルの並木道を通っている。

1928年の首里市

 龍潭左手に沖縄県師範学校、右上に首里城の北殿、その奥に正殿の屋根が見える。このころ首里城正殿は、国宝沖縄神社拝殿として修理の途中。師範学校は琉球処分直後の1880年に日本の標準語を教える「会話伝習所」として造られ、その後教員養成機関となった。1945年の沖縄戦で軍に動員された多くの学生が命を落とし、学校もなくなった。

1936年 角力大会

 1936年ごろの角力大会の様子。写真裏には「祝典余興の琉球大角力」とメモが書かれている。四隅に柱を立て、ひもを巡らす土俵の形から波上宮祭の角力の可能性がある。たくさんの子どもたちが木に登って観戦している。琉球の角力は、互いに組み合ったところから始めるのが特徴。現在の波上宮祭の角力は、四隅に紅白の布を巻いた柱を立て、ひもではなく万国旗が巡らされている。

昭和初めごろ 陸軍庁舎全景

 昭和初めごろの那覇市の陸軍庁舎全景。写真裏には「那覇市外与儀の」と書かれている。沖縄戦研究者で沖縄国際大学元教授の吉浜忍さんによると「与儀兵舎」という名前は証言などに出てくるが、実際にどの施設を指すのかは分かっていない。与儀に隣接する古波蔵に「古波蔵兵舎」があったが、与儀と古波蔵にそれぞれあったのか、同じ施設なのかは不明。

1928年 那覇港

 1928年に撮影された那覇港。広々とした港口の左手に、もうもうと煙を上げる船、そのすぐ手前に帆を上げた「山原船」が写っている。中央でサバニをこいでいるのは子どもたちに見える。右手前の浜は垣花にあったサバニの揚げ場か。

1935年 糸満の女性

 1935年に撮影された、魚を頭の上に載せて売り歩く糸満の女性。写真裏には魚の名前が「おうまち」と書かれている。沖縄の言葉で「オーマチ」は「アオチビキ」のこと。青みがかった黒色をしており、体長80センチほどになる。後ろの建物にはクバ笠が重ねられている。海人が使うクバ笠は海上での仕事がしやすいよう小ぶりに作られ、これを「糸満ガサ」と呼ぶ地域もあった。

1935年 イルカ漁

 1935年に撮影された名護湾のイルカ漁。同湾でのヒートゥー(コビレゴンドウクジラなど)の追い込み漁は3~5月が最も盛ん。満潮時を利用し、浜辺に周辺を回遊するヒートゥーの群れを誘い込み、住民総出で道具を持参し漁に参加した。

1935年 墓場

 1935年に撮影された首里市近郊にあった墓場。当時首里には石嶺町や崎山町などに墓地があったが、撮影された場所は分かっていない。時代が古い亀甲墓の周囲に新しい破風墓が増えていったのだろうか。産着のような洗濯物が干された民家に接近しているのが見える。

昭和初めごろの建物

 昭和初めごろの建物。写真裏には「肥後茂良氏経営 肥後商会保険部」と書かれている。場所は不明。こいのぼりが揚がり、屋根は沖縄には珍しく、側面に「破風」がある造りになっている。肥後茂良という名の人物は那覇市会議員の名簿に見られる。同じ名の人物が戦後大分県に住み、疎開で移り住んだ沖縄県人の生活を良くしようと「沖縄村構想」を発案したようだ。