プロ野球巨人の契約金超過に関する報道が事実と違い、名誉を傷つけられたとして、読売巨人軍が朝日新聞社に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は双方の上告を受理しない決定をした。24日付。契約金超過を事実と認めた上で、報道の一部は誤りとして朝日新聞社に330万円の支払いを命じた二審判決が確定した。

 確定判決によると、朝日新聞は2012年3月、1997~04年度に巨人に入団した新人選手6人の契約金が計36億円で、最高で1人1億5千万円までとする球界の申し合わせを超えていたと報道した。

 一審東京地裁判決は巨人の請求を棄却。二審東京高裁も記事の大半は真実とした一方、日本野球機構(NPB)から処分を受ける可能性を巡って事実でない部分があるとして、朝日側に賠償を命じた。

 読売巨人軍広報部は「球団の名誉毀損(きそん)を認定した判決が確定したことは妥当だと考える」とコメント。朝日新聞社広報部は「記事の根幹部分は真実と認められたと受け止めている」とした。(共同通信)