沖縄タイムス特約通信員のジョン・ミッチェルさんがこのほど英文の「POISONING THE PACIFIC(仮題‥汚染される太平洋の海と島々)」を出版し、ノーベル平和賞、ピュリツァー賞受賞者を含む専門家や米映画監督オリバー・ストーンさんらから高い評価を受けている。 

ジョン・ミッチェルさん

ローマン&リトルフィールドから単行本と電子書籍で出版された 「POISONING THE PACIFIC(汚染される太平洋の海と島々)」 

ジョン・ミッチェルさん ローマン&リトルフィールドから単行本と電子書籍で出版された 「POISONING THE PACIFIC(汚染される太平洋の海と島々)」 

 米国情報公開法を通じて入手した1万2千ページ以上の報告書から、米軍の活動がいかに大規模に太平洋地域を汚染してきたのかを明らかにしている。マーシャル諸島や米領グアム、サイパン、ジョンストン島-。本はおよそ半分を割いて、劣化ウラン弾やダイオキシン、有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などで被害を受ける沖縄に焦点を当てている。

 2013年、沖縄を視察した際、ミッチェルさんの案内を受けたストーンさんは「本の内容は衝撃的だ」とし「多くの読者は、怒りがこみ上げてくるだろう」との書評を寄せた。17年にノーベル平和賞を受賞したNGO核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリアス・フィンさんも「本は兵器がいかに人々を守らないばかりか、人々と環境に被害を与えているかを明らかにしている」と記した。

 ピュリツァー賞受賞者で歴史学者のジョン・ダワーさんは本の序文で「軍のオペレーションがこの地域の人たちの人権を侵していることを示している」と紹介。特に、日本政府の米政府に対する卑屈な態度と環境を守れない日米地位協定の欠陥を指摘している。

 「POISONING THE PACIFIC」は、単行本と電子書籍でローマン&リトルフィールドから出版。