沖縄県の豊見城市長堂で、犬のお乳を飲む子ヤギが話題になっている。電気工事業を営む前田光弘さん(63)、妻のマリ子さん(62)が飼っている子ヤギ「メメ」の母親は3月9日にメメを産んだ翌日死んだ。光弘さんがお湯で薄めた牛乳を飲ませていたが、いつの間にか一緒に飼っている犬の「クク」のお乳を飲むようになっていた。

犬の「クク」のお乳を飲む子ヤギの「メメ」=30日、豊見城市長堂

 ククは琉球犬のミックスで、2月にダルメシアンのミックス「チャッピー」との間に5匹の子犬を産んでいた。「いつも一緒にいるから自然と飲むようになったのでは」とマリ子さん。

 1度もじかに母親のおっぱいを飲んだことがないメメに、ククは嫌がるそぶりを一切見せず、自分の子と同じように乳を飲ませる。孫の奥平千和(ちより)さん(8)=南風原町=は「メメはククを本当の親だと思っているはず」。光弘さんは「親の分もすくすく育ってほしい」と話していた。(南部報道部・高崎園子)