[琉球から沖縄へ 続よみがえる古里](1)沖縄タイムス・朝日新聞共同企画

 戦前の沖縄の人々や風景を写した写真165枚が、朝日新聞大阪本社(大阪市)で見つかった。写真に写っているものを読み解くと、当時の時代背景が生き生きとよみがえる。全8回の連載で紹介する。

1930年 琉球国王御三ヶ寺参詣行列

1930年12月12日、県立第一中学校(現・首里高校)の職員や生徒が創立50周年記念運動会で再現した旧琉球国王の「御三ヶ寺参詣行列」。実際に国王が使ったかごや傘が尚家から貸し出された。参加者は「ハチマチ」と呼ばれる冠をかぶり、琉球王国の役人に扮(ふん)している。守礼門から円覚寺に向かう途中で撮影されたとみられる

豪華絢爛 一中生らが仮装

 着物の帯を前で結び、「ハチマチ」と呼ばれる冠をかぶって琉球王国の役人に扮(ふん)した人々が、大きな旗や傘を持って行進している。沿道の人々は興味津々といった様子で見つめ、行列に沿って駆けだす子どもの姿も見える。

 写っているのは1930(昭和5)年12月12日に、県立第一中学校(現在の県立首里高校)が創立50周年記念で実施した「琉球国王御三ヶ寺参詣行列」。34年7月5日に同校学友会と同窓会が発行した雑誌「養秀」によると、教職員や生徒100人余りが参加。実際に国王が乗ったかごやウランサン(御涼傘、装飾用)などの道具、衣装を、最後の国王・尚泰の子孫である尚家が貸したとある。

 王国時代、琉球国王は正月の3日に、首里城周辺の天界寺、円覚寺、天王寺を参詣した。王国が明治政府に廃された1879年から51年後。一中の行列を見ようと集まった人で「蟻の這い入る余地さえ余さぬ大混雑」になったという。

 午後4時半に同校グラウンドを出発。守礼門をくぐって円覚寺に向かう途中で撮影されたとみられる。豪華絢爛(けんらん)な道具に、響く中国風の路次楽。「養秀」の記事は人々の感動を伝えている。「見よ十万の観衆はセキとして声なく、老爺(や)老婆は土下座して有難涙を流して拝んで居る状態を!」

 この時の一中の行列を基に戦後、首里城で11月3日に行われている「古式行列」が再現された。主催する首里振興会の嘉陽田詮(さとし)事務局長(70)は写真を見て、「行列をしたのは子どもたちではあるが、人々は廃琉置県で東京に連れて行かれた王の姿を重ねていたのではないか」と共感した。

1935年 那覇大綱挽

1935(昭和10)年に那覇市の通堂大通りで開かれた波上宮復興三百年祭奉納の那覇大綱挽。旗が立ち並び、頭巾に黒の「ムムヌチハンター」姿の男性、たいまつを持った白い服の男性、はちまきにはかま姿の男性もいる。左奧には「桟敷申込所」の看板が見える

勝負の時へ みなぎる闘志

 那覇大綱挽(ひき)は戦前、「けんか綱」と呼ばれるほど激しい競り合いがあったという。その闘志が、1935(昭和10)年に撮影された写真にみなぎっているようだ。各町の旗が掲げられ、頭巾に「ムムヌチハンター」という伝統的な黒い衣装を着けた男性や、たいまつのような物を持つ男性が見える。

 

 はちまき、はかま姿の男性もいる。周りには多くの見物客。左奧には「桟敷申込所」の看板がある。場所は那覇港の近くの「通堂(とんどう)大通り」で、当時の那覇の中心街だ。

 「那覇大綱挽保存会」相談役の真栄里泰山さん(76)は「桟敷席があったとは知らなかった」と驚く。「この年は波上宮の三百年祭奉納で、来賓もいる特別な大綱挽だったと考えられる」。もう一つの写真には、綱の位置を確かめるように準備する男性たちの奥に、大がかりな桟敷席が組まれているのが見える。

1935(昭和10)年に開かれた那覇大綱挽。男性たちが力を合わせ、綱の位置を確かめるように準備をしている。奥には大きな桟敷席がある。中央でドラをたたいている男性がいる。来るべき決戦の時を盛り上げているかのようだ

 沖縄では古くから、豊作を祈って綱引きが行われてきた。那覇では大綱挽の源流である「那覇四町(ゆまち)綱」が、琉球王国時代の1812年の文書に現れる。

 綱挽の前には各町が旗を掲げ、太鼓やほら貝を鳴らして練り歩く。夜になると東西の綱の先端の輪を組み合わせ、カヌチ棒を通して固定してから引き合う。

 当時の新聞記事は「火矢鼓鐘のどよめき旗頭は空中に乱舞し、また唐手の達人等は身軽の扮装(ふんそう)で士気を鼓舞する」と熱気を伝え、「五時間も曳(ひき)合った」と伝えている。

 1935年は戦前最後の綱挽となり、ようやく復活したのは沖縄戦をはさんで36年後の71年だった。

1929年ごろ 那覇大綱挽

1929年ごろ/写真の裏に1930年のスタンプが押されているが、この年は大綱挽は開催されていない。29年の旗頭行列か。旗頭は右が盛鶴、左は紫雲(しぐむ)で「乾坤」の文字が見え久茂地町の旗だと見られる。他の印刷物に同じものとみられる写真が載っている

情報をお寄せください

 今回見つかった写真は、朝日新聞社にプリントで所蔵されていた写真です。撮影者が不明の写真も含まれます。社外の刊行物に掲載されている写真が含まれていることも確認しており、今後の取材で撮影者などの特定ができた場合、クレジットや写真説明などを変更する可能性があります。写真の問い合わせは朝日新聞フォトアーカイブへ。メールshashin@asahi.com

 写真についての情報をお寄せください。

 沖縄タイムス社社会部、電話098(860)3552、メールはshakai@okinawatimes.co.jp。

 なお、頂いた情報は朝日新聞社と共有させていただきます。

<関連>「こんな風景があった」大正から昭和の沖縄165枚

<関連>1935年の沖縄 よみがえる古里 秘蔵写真277枚