創業130年近くの歴史がある老舗漆器店「琉球漆器」(沖縄県豊見城市、照屋真宏代表)の真玉橋本店が、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化などを受け、31日に閉店した。漆器の製作や販売を通じ、沖縄の伝統的な漆芸文化を県内外に広げてきたが、来店客の減少が続き、2月には工場の稼働を停止していた。