1日午前5時50分ごろ、第11管区海上保安本部が南大東島付近海域から船舶遭難信号を受信した。中城海上保安部によると、沖大東島の東端で「汽船第一島丸」(乗員6人、19㌧)が座礁、大破しているのを発見し、甲板上で救助を求める5人を確認した。

沖大東島(ⓒGoogle)

(資料写真)沖大東島

沖大東島(ⓒGoogle) (資料写真)沖大東島

 フィリピン人5人、日本人船長の男性計6人で漁に出たとの情報があり、1人の行方が確認できていない。漁船の所属は確認中。

 海保は現場へ巡視船を派遣し、ヘリコプターによるつり上げ救助も検討している。午前8時半に対策本部を設置した。行方不明者、油流出など詳細の確認を急いでいる。