沖縄県は1日、北部土木事務所の20代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性職員は、3月25日と26日の夜、2日続けて同僚職員と飲酒していた。玉城デニー知事が、感染予防に注意を呼び掛けていた矢先だった。

沖縄県庁

 県は会食する場合、「4人以下で2時間以内」を呼び掛けている。県土木建築部は「会食ルールに違反しており、大変遺憾。再発防止を徹底する」とコメントした。

 土建部によると職員は、25日午後7時から午後8時半ごろまで飲食店で同僚4人と過ごした。その後、2次会に流れた際、同僚のうち2人は帰ったが、この職員は飲食を継続。別の同僚1人が合流し、4人で午後10時~26日午前0時ごろまで過ごし、1次会から合わせると計3時間半、飲酒した。

 26日は同僚の自宅で同僚3人と午後7時半~午後10時半まで飲食した。その後、居酒屋に行き、別の同僚3人と午後11時から27日午前1時まで飲んだという。29日は通常出勤したが味覚嗅覚に異常を感じ、午後1時45分に早退。4月1日に検査で陽性が確認された。

 職員の感染により、一緒に飲酒した北部事務所の職員7人を濃厚接触にあたるかどうか、保健所が調べている。県によると、業務への影響は確認されていないという。