沖縄のビールとしておなじみのオリオンビール(早瀬京鋳社長)と、沖縄県豊見城市(山川仁市長)は3日、海開きしたばかりの「オリオンECO美らSUNビーチ」でネーミングサイン(看板)の除幕式を開いた。

ネーミングサインを除幕したオリオンビールの早瀬京鋳社長(左)と沖縄県豊見城市の山川仁市長=3日、豊見城市豊崎のオリオンECO美らSUNビーチ

 オリオンは、県内のビーチでは初めてネーミングライツ(愛称命名権)の契約を結び、昨年11月に「豊崎美らSUNビーチ」から改称した。契約期間は3年間で、契約金額は年330万円の計990万円となっている。

 ネーミングサインのロゴマークは県内で活躍する天描画家の大城清太さんがデザイン。赤い三つ星で「オリオン」、楕円形の周囲にEとCの文字で「ECO」、赤く美しい太陽の「美らSUN」と紺色で海「ビーチ」を表現している。

 外周に埋め込んだガラスは、琉球ガラスの製作過程で出る廃材ガラスカレットを使用し、環境を守る決意を示した。

 早瀬社長は「本社を浦添市から豊見城市豊崎へ移転したからだけではなく、海を守るというメッセージを発信するためにネーミングライツに手を上げた。楽しいビーチライフとともに環境活動に取り組み、笑顔を届けたい」と決意を見せた。

 山川市長は「笑顔あふれるECOビーチづくりのため、市も新たな展開に取り組む」と話した。