沖縄県豊見城市議会が沖縄戦の戦没者の遺骨を含む可能性のある土砂を埋め立てに使用しないよう国に求める意見書を賛成少数で否決したことに抗議するため、市根差部のトマト農家金城博俊さん(43)が3日午後、市議会の入る豊見城市役所前で座り込みを始めた。署名を集め、市議会に意見書の再提案と可決を求める。金城さんは「戦争で亡くなった人に思いをはせるのは当然で、地元の代表の判断が間違っているなら、地元の市民が声を上げなければならない」と決意を示した。

具志堅隆松さん(左)の激励に笑顔を見せる金城博俊さん(左から2人目)、大田弥生さん(同3人目)、津嘉山恵子さん=3日、豊見城市役所前

沖縄戦の戦没者の遺骨を含んだ土砂の使用に反対し、署名する市民ら=3日、豊見城市役所前

具志堅隆松さん(左)の激励に笑顔を見せる金城博俊さん(左から2人目)、大田弥生さん(同3人目)、津嘉山恵子さん=3日、豊見城市役所前 沖縄戦の戦没者の遺骨を含んだ土砂の使用に反対し、署名する市民ら=3日、豊見城市役所前

 市議会は3月26日の本会議で意見書案を採決した。定数22のうち議長を除き、野党の保和会8人、ZERO1人の計9人が反対、与党の共産5人、真新会2人、野党の公明1人の計8人は賛成した。ZEROの4人は「このタイミングで判断するのは困難」と退席した。

 金城さんは長嶺中学校の同級生で那覇市に住む大田弥生さん(43)からの電話で、否決を知らされた。「沖縄は先祖を敬う気持ちが強い。なぜそんな判断ができたのか」。地元の問題、自分の問題と捉えた時、「ゼロから百へ、いきなり怒りの沸点に達した」という。

 金城さんの曽祖母も糸満市の平和の礎に戦没者として名前が刻まれるが、遺骨が見つかっていない。「身内の骨を含む可能性があるなら、なおさら許すことはできない」と考える。

 慢性腎不全で週3回の人工透析を受ける。1日3回の薬を飲むために食べる必要があり、ハンガーストライキを断念した。必要最小限で、1食におにぎり1個か、ゆで卵1個で8日までの6日間、抗議の意思を示す。

 特産のトマトは4~5月が収穫、出荷の最盛期で、午前中は市役所から車で約10分の畑へ行かなければならない。月、水、金曜日は午後1時半から午後6時半まで人工透析の時間。それ以外で、午後9時までの座り込みを続けるつもりだ。気温が上がって、トマトの成長が早くなっていることから、収穫が間に合うか、気がかりでならない。

 初日には、遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の代表で、この問題に反対してハンガーストライキを実施した具志堅隆松さんが駆けつけ「政治ではなく、人道の問題。市議会が否決しても市民が立ち上がったことは心強い」と激励した。

 署名活動は同級生の大田さんと、中城村に住む豊見城中学校出身の津嘉山恵子さん(43)が支援する。

 4日以降の座り込みや署名の日程は次の通り。

 【4日】午後2時~午後9時(午前中はトマトの収穫)【5日】午後7時半~午後9時(午前中はトマトの収穫、午後は人工透析)【6日】午後2時~午後9時(午前中はトマトの収穫)【7日】午後7時半~午後9時(午前中はトマトの収穫、午後は人工透析)【8日】午後2時~午後9時(午前中はトマトの収穫)