木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](149)札幌地裁の同性婚判決 異性婚優位の考えは差別

2021年4月4日 13:02

 今回は、札幌地裁の同性婚判決を憲法14条から検討する。

 判決は、同性カップルに婚姻の効果を一切与えないこと、つまり同性婚の否定は平等権侵害(憲法14条違反)だと言った。もっとも、同性婚と異性婚が完全に同じでなくてはならないとまでは言わない。では、どのような選択肢があり得るのか。

 議論の際に重要なのが、同性婚を二級婚と扱わないことだ。同性愛者に婚姻の権利が認められない状態が長かったため、「同性愛者が婚姻できないのは当然。婚姻は恩恵的に少しだけ認めればよい」という態度が、意識的・無意識的に広まっている。

 しかし、判決は「異性愛者と同性愛者の違いは、人の意思によって選択・変更し得ない性的指向の差異でしかなく、いかなる性的指向を有する者であっても、享有し得る法的利益に差異はない」と指摘する。そうだとすると、「異性婚が同性婚に優位する」との考え方自体が差別的だ。憲法や判決を読んだり、同性婚立法を考えたりする時、こうした意識的・無意識的な差別が働かないように細心の注意を払わねばならない。

 この点、「同性カップルには民法・戸籍法の婚姻とは別の特別婚(パックスやパートナーシップ、シビルユニオンなどと呼ばれる)を設ければよい」と判決は判断した、と理解しようとする人もいる。判決を離れても、同性愛カップルには、婚姻とは別の制度を用意すべきだ、との提案がしばしば見られる。

 ここで思い出すべきは、アメリカの差別の歴史だ。黒人奴隷の解放後、形の上では黒人にも平等な権利が与えられたものの、学校や公共施設は、白人用/黒人用に制度的に分離され続けた。これは「分離すれど平等」と呼ばれ、現在では差別の典型とされる。異性婚とは別制度の同性婚は、「分離すれど平等」となってしまっている。

 憲法14条1項は、「差別されない権利」を保障する。同性婚への差別意識に迎合し、同性婚を二級の婚姻と位置付ける制度を作れば違憲だろう。判決も、同性婚と異性婚の区別は「真にやむを得ない」ものでなければ許されないと言っているが、わざわざ別制度を設ける理由は見当たらない。

 要するに、判決の憲法14条論を前提にすれば、同性婚と異性婚の要件・効果・制度の名称などは、原則として同じでなければならない。

 同性婚で特別な考慮が必要な、真にやむを得ない点があるとすれば、子の扱いだ。養子については異性婚と同様で良いとして、実子についてはどうか。現在の技術では、同性のカップルからは、生物学的親子関係のある子どもが生まれることはない。

 婚姻中の妻から生まれた子は、夫の子と推定される(民法766条)。この嫡出推定の制度は、近年では、生物学的親子関係よりも、「親になる」という配偶者の意思を重視する傾向がある。したがって、同性婚にも嫡出推定を及ぼすことになろう。

 また、子の「出自を知る権利」を考えると、代理母や精子提供者など第三者との関係を、確認できるのが望ましい。ただ、それを秘密にしたい親・第三者側の事情もあろう。当事者の話をよく聞き、慎重に検討するしかない。(東京都立大教授、憲法学者)

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索