【読谷】76年前の4月2日に「集団自決(強制集団死)」が起きた読谷村波平のチビチリガマで3日、遺族会主催の慰霊祭があった。遺族ら16人が参列し、犠牲者の冥福を祈り、恒久平和を誓った。

「チビチリガマ」の中で行われた慰霊祭で、祭壇に手を合わせる與那覇徳市さん(手前)ら遺族=3日午後、読谷村波平(代表撮影)

 遺族会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため昨年に続き、参列者を遺族や関係者に限定。高齢や体調不良などを理由に、体験者の参列はなかった。慰霊祭が終了後、遺族会の與那覇徳雄会長(66)代表取材に応じた。

 1945年4月1日に沖縄本島に上陸した米軍はチビチリガマ周辺に侵攻。ガマへ避難した住民約140人中、85人が亡くなった。

 與那覇会長は体験者の参列がなかったことに「コロナ禍もあるが、遺族も高齢化している。(一方で)去年から初めて参加した方もいる。平和をつないでいけるように頑張り、(チビチリガマを)平和の発信場所として守っていきたい」と語った。