転機となったのは人気アニメ「テニスの王子様」のオーディション。沖縄出身のキャラクターを「せっかく地元の人間がやるのだから」とアドリブでなまりを交えたところ、高評価を受け合格。独特の雰囲気でなまりを話すキャラクターは根強い人気を博した。

 芸名の「樽助」は、生前に多くの人たちから愛された祖父から取った。「人に覚えてもらえる名前。恥じないように結果を出したい」と意気込む。

 40歳を迎えた今年、舞台への初挑戦やバンド活動など、表現力を高める努力を惜しまない。「偶然に出合えた声優の仕事は僕にとって“初恋の人”。両思いになっているかは分かりませんが」と笑った。(小笠原大介東京通信員)=連載・アクロス沖縄<29>

 【プロフィール】しんがき・たるすけ 1976年久米島町生まれ。高校卒業後に上京し、声優の道へ。アニメーションや洋画の吹き替えを中心に活躍。主な出演作品はアニメ「テニスの王子様」の木手永四郎役やゲーム「刀剣乱舞」のへし切長谷部、長曽祢虎徹役、米テレビドラマ「HAWAII FIVE‐O」のチン・ホー・ケリー捜査官役など。マウスプロモーション所属。