結婚の際に夫婦が同姓か別姓かを選べる「選択的夫婦別姓」について、県議向けの勉強会が3月に開かれた。全国の地方議会で陳情や請願を通して議論を促してきた市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」の井田奈穂事務局長が講師を務め、与野党から参加した県議25人に現状や課題を説明。