宮古島市平良下里の住宅で住人の男性(61)が刃物のようなもので刺され死亡した殺人事件で、宮古島署は4日、事件直後に現場を立ち去った男性の長男の所在捜査を続けたが、見つかっていない。男性の死因は失血死だった。

(資料写真)パトカー

 署は所在不明となっている長男の友人や関係先の聞き込み、店舗の防犯カメラの精査を行ったほか、海岸や山林などを見回ったが、手掛かりはなかったとしている。

 事件は3日午前1時10分ごろ発生。自宅居間で血を流し倒れている男性を同居家族が発見し110番通報した。その際、家族が家を去る長男を目撃したという。