沖縄タイムス+プラス プレミアム

修学旅行の前に燃えた首里城 悲しみに寄り添おうと模型を作る 滋賀の生徒が1年半かけて

2021年4月6日 14:53有料

 滋賀県にある近江兄弟社中学校と高校の生徒12人がこのほど、首里城正殿の模型を完成させた。2019年、当時の中学2年生が修学旅行の事前学習を進めている時に火災があり「沖縄の人たちに同じく悲しんでいることを伝えたい」と、大橋理恵教諭と林正樹教諭の提案で始まったプロジェクト。

連載・コラム
記事を検索