文部科学省は6日、公立小中高校と特別支援学校での教員不足の実態を把握するため、初の全国調査を5月に実施すると明らかにした。2025年度までに公立小の全学年で「35人学級」が実現することも踏まえ、不足しがちな教員を計画的に確保する施策に反映させる。調査結果がまとまり次第、公表する。