琉球大学・大学院2020年度、21年度の入学式が6日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。新型コロナウイルスの影響で、新2年生が1年遅れで式典に参加。感染防止のため、親族らの出席は制限され、式の様子がオンライン配信された。

2年生の入学生代表として西田睦学長(手前)に宣誓する伊波翔悟さん=6日、宜野湾市(琉球大学提供)

 昨年中止となった新2年生1832人の式典は、新1年生の入学式に先立ち同日午前に開催。大学側は「新年度のスタートを迎えるにあたり、改めて祝意を伝えるため」と説明した。

 2年生の入学生代表として医学部保健学科の伊波翔悟さんは「学生の本分に従って学業に励み、人間性を豊かにし学則を順守することを誓う」と宣誓した。

 西田睦学長は「琉球大学の学生になったという実感を十分に持てないまま慣れない遠隔授業が始まり、孤独感を感じさせてしまった。大変申し訳なく思うがそんな中でよく頑張ってくれた」とあいさつした。その後、新入生1867人の入学式が開かれた。