帝国データバンク沖縄支店は6日、洋菓子店「ゴヤケーキ」を運営する「GOYA」(沖縄市)が、那覇地裁から破産手続き開始の決定を受けたと発表した。3月24日付で、負債総額は約1200万円、債権者数は22人。6月2日に財産状況報告集会が予定されている。

ゴヤケーキの沖縄市の本店(googleストリートビューより)

 GOYAは2007年1月に設立。シフォンケーキを主体に菓子製造販売を手掛けていた。沖縄市のほか、那覇市首里にも店舗を構えるなど根強い人気を博したが、19年12月に当時の代表者が急逝。その後、事業を縮小しながら営業を続けたが、20年1月で沖縄市の本店を閉店していた。