沖縄県渡名喜村の南東にあるアンジェーラ浜に3月下旬、クラゲの一種のカツオノカンムリが、大量に打ち上がっているのが見つかった。波打ち際にずらっと並ぶ、数えきれないほどのカツオノカンムリを村民が発見した。

アンジェーラ浜沿いに打ち上がったカツオノカンムリ。青い道のようになっていた=3月23日

カツオノカンムリ

アンジェーラ浜沿いに打ち上がったカツオノカンムリ。青い道のようになっていた=3月23日 カツオノカンムリ

 カツオノカンムリは直径が最大5センチほどで、楕円(だえん)形の盤の上に三角形の薄い膜でできた帆を張っている。青くきれいな色をしているが、毒があり、刺されると激しく痛む。

 渡名喜ではカツオノエボシと合わせて「フーラ」と呼んでおり、村民によると昔は食べていた。(細野桃子通信員)