航空自衛隊那覇基地は7日、2月の泡消火剤流出事故を巡り、有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)などが含まれていたとの調査結果を公表した。基地内の水路中流から回収した泡消火剤から、最大で国の暫定指針値の約128倍を検出した。同基地は当初、タンク内の泡消火剤の溶液をPFOSを含まないものに交換した後の試験運転で流出したため、調査をせずに製造元の製品資料から「PFOSは含まれていない」と発表していた。当初説明から一転、「おわびして訂正する」と謝罪した。

自衛隊基地から流出し、飛散したとみられる泡=2月26日、那覇市山下町(読者提供)

 同基地はPFOSが含まれているとの指摘を受け、調査していた。配管にPFOSを含有する消火剤が残留していた可能性があるという。

 水路中流で回収した泡消火剤は、PFOSが1リットル当たり3010ナノグラム、PFOA(ピーホア)が同3380ナノグラム検出された。国の暫定指針値は合計値で1リットル当たり50ナノグラム。

 上流からも、PFOS・PFOAの合計値で暫定指針値の約2・4倍に当たる1リットル当たり119ナノグラムを検出した。

 泡が飛散した基地外の土壌からは、PFOS・PFOAを合計した最大値で1リットル43ナノグラムだった。

 玉城デニー知事は同日の記者会見で「(PFOS含有の)確認が遅れたことは遺憾だ」と述べた。

 那覇市が民間機関に調査を委託した基地内の水質、泡消火剤の飛散が確認された保育園の土壌分析の結果も同日公表され、基地内水路の下流付近で採取した水から1リットル当たり340ナノグラムのPFOSが検出された。

 保育園の土壌からもPFOS、PFOAが検出された。市は6日に航空自衛隊那覇基地司令に対し、(1)当該保育園への適切な対応(2)地域住民への適切な説明(3)PFOSが検出された基地内の水路の定期的なモニタリングを実施し、結果と対応策の公表-などを文書で要請した。

 県も調査しており、近く調査結果を公表する方針。