沖縄タイムス+プラス ニュース

コロナ支援金を「代わりに申請する」 知人の通帳から36万円引き出し 26歳の男逮捕

2021年4月8日 06:37

 知人のキャッシュカードや預金通帳を使い、現金を引き出したとして、那覇署は7日、那覇市の自称自営業の男(26)を窃盗容疑で逮捕した。署は捜査に支障があるとして、認否を明らかにしていない。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は昨年12月3日から8日にかけ、知人の20代男性=県内在住=から銀行の通帳やキャッシュカードを借り、コンビニの現金自動預払機(ATM)から現金計36万円を引き出した疑い。

 署や県警組織犯罪対策課によると、新型コロナウイルス感染拡大で困窮する人にも貸し付けている「総合支援資金」を知人男性に紹介。「代わりに申請する」などと持ち掛け、申請後、入金された現金を引き出したという。

連載・コラム
記事を検索