「パックのお茶で申し訳ないのですが、よかったら召し上がってください」  向かいに座る飯山(いいやま)の叔父に言われ、明香里(あかり)は会釈を返しながら湯飲みを持ち上げた。部屋に立ち込める重い空気を噛(か)み締めながらお茶を飲む。