【東京】航空自衛隊那覇基地から有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含む泡消火剤が流出した事故を受け、井筒俊司航空幕僚長は8日の記者会見で謝罪し、再発防止に努めていく考えを示した。「多くの近隣住民の方々に心配を掛けてしまい、申し訳なかった」と述べた。