防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は8日の記者会見で、中国海軍の空母「遼寧」などの艦艇が沖縄本島と宮古島の間を抜け、東シナ海から太平洋に航行したことに関し「情報収集、分析をしている。中国の動向について重大な関心を持って注視し、警戒監視に万全を期していく」と述べた。