【東京】加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、自治体での変異株スクリーニング検査状況について、沖縄の実施率が全国平均を大きく下回っていることを明らかにした。3月22日から28日までの実施率が全国約32%、沖縄は14%だと指摘した。