昭和初期の沖縄空手の歴史を紹介する県主催のパネル展が8日、豊見城市の沖縄空手会館展示室ロビーで始まった。沖縄空手の名人で「拳聖」と呼ばれた故・喜屋武朝徳氏の組手を写真付きで解説した「沖縄拳法 唐手道 基本図解」の組手版が初公開された。