電通は8日、性的少数者(LGBTなど)の70・2%は自身が当事者であることを公言するカミングアウトを依然しにくいままだと感じているとの調査結果を発表した。2018年の前回調査の69・5%から改善していない。