日本航空は8日、現役客室乗務員を講師としたマナーや接客についての研修プログラムを企業向けに始めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要が激減する中、社内の人材や蓄積してきたノウハウを活用する。航空以外の事業での収益強化を目指す。