老舗のタウン誌「銀座百点」から生まれた名エッセイといえば、向田邦子「父の詫び状」、和田誠「銀座界隈ドキドキの日々」が思い浮かぶ。本書も同誌の連載だ。