沖縄タイムス+プラス プレミアム

「今年で何とかしたいと思っていたが…」GWの催し打撃 肩を落とす主催者

2021年4月10日 10:51有料

 新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、県内で「まん延防止等重点措置」の適用が決定した。4月末からの大型連休(GW)でイベントを予定していた施設や主催者からは来場者や参加者の減少を懸念する声が聞こえた。感染リスクを避けるため、規模の縮小を決めた所もあった。

 沖縄市の沖縄こどもの国にとって、多くのイベントを開催するGWは、1年で最も来場者が多く、1日で1万5千人が訪れる日も。担当者は「GWに向けて準備をしていたが、重点措置が出そうという話になり、イベントは止めて通常営業にした」と説明する。

 昨年は4月中旬から5月末まで休園し、入園者数は前年と同時期から12万人減で経営的な打撃は大きかった。...

連載・コラム
記事を検索