9日午前11時ごろ、名護市瀬嵩の食品加工施設で圧力釜から材料が吹き出し、10代と40代の男性従業員がやけどを負った。2人は病院に搬送されたが命に別条はない。名護署が詳しい事故原因を調べている。

(資料写真)救急車

 同署や市消防本部によると、男性従業員(19)が圧力釜から材料を取り出そうとした際、何らかの原因でふたが突然開き、中の材料が飛び出た。男性従業員は顔面や上半身に、近くにいた男性従業員(43)も顔や背中などにやけどを負った。